じゃんけん.plをGUIビルダーを使って書き換えてみる

| コメント(0)

前回の記事 では
とっても簡単なじゃんけんアプリを作ってみました。
今回は wxFormBuilder というGUIビルダー、RADを使って
書き換えてみましょう。

じゃんけんアプリでは、 フレームパネルボタンサイザー をコードで組み立てていました。
wxFormBuilder を使えば、これらのデザインは
GUIビルダー側で行ないxrcファイルに保存、コード側ではxrcファイルを読み出しイベントハンドラを登録するだけになります。

DBやデータに基いてGUIの構成を細かく組み立てる場合はXRCは向きませんが、予め決まっている場合はコードで組み立てるより気楽だと思います。

まずは wxFormBuilder をインストールしましょう。
wxFormBuilder_v3.1.70.exe を入れてみます。

wxFormBuilderを起動したら、下のようにレイアウトします。

fbp1.jpg

レイアウトできたら、メインの設定を変更しましょう。
nameとfileを変更します。

fbp2.jpg

最後にXRCを書き出すためチェックを入れ、ボタンを押してそれぞれ janken.fbp, janken.xrc を保存しましょう。

fbp3.jpg

前回のjanken.plを変更し、janken_xrc.plとします。

次のコマンドで起動します。

  1. portableshell.bat
  2. perl janken_xrc.pl

上手く起動できたでしょうか。

janken_xrc.jpg

コメントする

プロフィール