じゃんけん.plを exe にしてみる

| コメント(0)

前回 は WxPerl で簡単な janken.pl を作成しました。
今回はperl環境をインストールしなくても簡単に実行できるように
単独のexeにしてみたいと思います。

方法いろいろ

色々な方法があると思います。

Urladerを使ってみる

ここではUrladerを使って exe にしてみます。
Urlader-1.0そのままだと、起動時に問題が出ますので、パッチを当ててインストールします。

  1. portableshell.bat
  2. cpan
  3. look Urlader
  4. lwp-request http://bokut.in/mt/2012/04/24/urlader-rt76135.patch | patch -p1
  5. perl Makefile.PL
  6. dmake
  7. dmake install
  8. exit

下記のパッケージングするためのスクリプトを pack_janken.pl として保存してください。
pack_janken.plの実行には List::Compare が必要ですので、こちらもインストールしてください。

pack_janken.plを実行してexeを作ってみましょう。

  1. portableshell.bat
  2. lwp-download http://urlader.schmorp.de/prebuilt/1.0/windows-x86 windows-x86
  3. perl pack_janken.pl

janken.exeが出きたら成功です。

C:\Jankenに

  • Perl環境
  • モジュール
  • janken.pl

をコピーし、実行できる環境を用意しました。
(この時点でC:\Jankenだけ持ち歩けば、実行できるようになりました)
UrladerでC:\Janken以下を janken.exe に固めます。

janken.exeをダブルクリックすると起動できると思いますが如何でしょうか。

これでStrawberry Perl環境やjanken.plを持ち歩かなくても、janken.exeだけ持ち歩けば
実行できるようになりました。

実行時は次のように動きます。

  1. C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\urlader\Janken\i-<バージョン> に固めたC:\Jankenを展開。
  2. 上記ディレクトリをカレントディレクトリとして、wperl.exe janken.plを実行。

展開されたディレクトリは削除されません。
2回目移行の実行時に再利用されるので、1回目に比べ起動時間がとても短かくなります。

なお作ったjanken.exeは こちら になります。

コメントする

プロフィール