Strawberry Perlを使ってみる

| コメント(0)

ActivePerlと並んでWindowsで使えるPerl, Strawberry Perlを使ってみたいと思います。

Strawberry Perl

Strawberry Perlは次で公開されています。

最新版の Strawberry Perl Nov 2011 では、次の形式のものが用意されています。

種類

  • MSI installer exe形式ではない、msi形式のものです。
    ダブルクリックでインストーラを起動し、c:\strawberry\ 以下にインストールし スタートメニューにアイコンが登録されます。 環境変数のPATHに C:\strawberry\perl\bin が追加されます。

  • Portable edition zip形式のものです。インストーラーは使用せず、展開するだけです。
    展開するフォルダの場所は、ドライブやパスを問わず、どこにでも置けます。
    環境変数のPATHは、変更されません。
    付属の portableshell.bat を起動すると、PATHが設定されたコマンドプロンプトが立ち上がり そこから起動したPerlは @INC(モジュールを読み込むフォルダ) が自動的に調節されます。

  • ZIP edition 付属の relocation.pl.bat と update_env.pl.bat を使って、手動で任意の場所にインストール するものです。

  • MSM Strawberry Perl自体をパッケージングする工程はモジュールになっていて、自身で行うこともできます。
    上記のmsi形式をパッケージングする際に Perl::Dist::WiX によって作成されたmsmファイルです。
    自身でパッケージングする際にmsmファイルを使用することもできます。
    自身で作成したモジュールなどをバンドルして .msi 形式のインストーラーを作成したい場合などに便利です。

インストール

ここでは環境を汚さない Portable edition を使いたいと思います。
strawberry-perl-5.14.2.1-32bit-portable.zip をダウンロードして展開します。

portableshell.bat をダブルクリックして、コマンドプロンプトを立ち上げます。

perlを起動してみます。

perl -E "say 'Hello World'"

perl_say_hello.jpg

Windows で Perl が使用できるようになりました。
なお、アンインストールする際は、展開したフォルダ毎削除するだけです。

コメントする