FreeBSD syslogd の -O オプション

rfc5424 に対応したようで microsecond も取れるし、structured_data のパースもできるようだ。
11.3-RELEASE 12.0-RELEASE から追加されたらしい。
https://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?query=syslogd&sektion=8
https://github.com/freebsd/freebsd/commits/d178bf09596e0c1c811d30257ec76c55993256ed/usr.sbin/syslogd/syslogd.c

ログ収集を pull 型に

長いこと使ってきた rsyslog だけど、ここにきて収集側のサーバーが止まると送信側も影響を受けるように。。。
溢れたり、imuxsock 分がハングしたり、収集側復旧時に再開されなかったりする。。。
オフィシャルや RainerScript も結構読んだんだけどな。。。udp tcp relp も試したんだけど。。。

古い環境や yum.repo 先が様々で、バージョンやOSも違うし、辛いか。。。

今は良いものいっぱいあるだろうにと思いながら
rrdtools 元さんも https://github.com/oetiker/LogSenderhttps://github.com/oetiker/LogFetcher を書いていたなと思い出して
自分でも pull 型を書いてみることに。

Net::OpenSSH Proclet Parallel::Prefork Log::Unrotate が強力で、思いのほか簡単に書けた。。。ちゃんと動いてる。
tail -c +$resume_pos が強力。あとは alarm システムコールを仕込むぐらい。

収集される側は rsyslog の利用は継続していて /var/log/all.log-YYYY-mm-dd あたりに jsonl で吐くのにつかってる。
あとは imuxsock 分。jail 内のソケットも受け付ける。

収集される側と収集する側のログの md5 が一致してきた。

収集後は、kqueue watcher で増分を処理に掛けるのと、手動で fgrep | ack | recs-totable したり。
荒く絞るのに fgrep は、断トツで速い。

FTP resume, HTTP Range のようだなー。送信側でロスを気にしてあれこれする必要も無くなるし。。。

囚人トレ CC1

プリズナートレーニング。Amazonの履歴を見てみると今年の3月に購入となっている。
現時点の進捗。

胸・プッシュアップ

前から腕立は週1でやっていたので、片手腕立はできた。

しかし。
この本のstep10は全然違う。

おそらくこの本のstep10の写真の信憑性は。。。いや、奮い立たせてくれるところにこの本の魅力が在るのだと思う。
もっとも近い動画はこれかな。
https://www.youtube.com/watch?v=eGqvupCdOSE&t=1m39s

動画

  • 胸に効くフォームになっている。
    • 右手が少しクローズプッシュアップのように内旋。
    • 上体が40度ぐらい曲がる。
    • 右足が傾いて浮いている。
  • 正面からの写真を撮ったとすると、真っ直ぐな体の横40度ぐらいに足が外に出るはず。

  • 肘・肩に効く?フォームになっている。
    • 足が揃っている。
    • 両足の幅も拳幅半分ぐらいで僅かである。
    • 上体が真っ直ぐ。
    • 右手も真っ直ぐ。
    • ボトムで脇が締まっている。手も胸のすぐ横。
  • 正面からの写真は真っ直ぐに見える。

本のフォームは、今のところ出来そうにない。このフォームの動画も見付けられなかった。

胸に効かせるのであれば、肩幅ぐらいに足を開いて、手で二等辺三角形のような三点支持をして行なうのがよいかもしれない。
https://www.youtube.com/watch?v=hEMXbKVukUg&t=17s

ブルースリーは外側に手を置いている。
https://www.youtube.com/watch?v=Xu2Xc_a71wI&t=3s

フォームに厳格なら、おそらくCC1の中で一番難しい。

足・スクワット

小学生か中学生のころに、宮川道場を見学させてもらった際に皆さん普通に軽々やっていました。
帰宅してやってみるとグラグラしてまともに出来なかった記憶があります。
この本で再会するとは。。。

step10の後は、手を後で組むのに惹かれています。
https://www.youtube.com/watch?v=1-Yuq9pD7JY&t=1m14s
シュリンプよりずっと難しい気がしています。

背・プルアップ

これまで懸垂は全くやってきませんでした。

ワンアームプルアップはまだまだ遠そうです。
やっとネガティブホールドで数秒止まれるようになったところです。

自衛隊式懸垂だと15回でした。

腹・レッグレイズ

前からクランチは週1でやっていたので、レッグレイズはできました。Vレイズや、Vシットもできました。
最初の頃は限界前に前腕や肩が辛かったのですが、CC2の前腕トレが早々に効果があったのか、今は腹に集中できています。

クランチは腹直筋上部、レッグレイズは腹直筋下部とのことです。
レッグレイズに変えてから、どこの効いているのか分かりませんが、上が張って下が引っ込んだ気がします。

レッグレイズをやっていると、魔裟斗さんの動画が頭をよぎります。
https://www.youtube.com/watch?v=5u4o5msitOs

自分は1repに倍ぐらい時間を掛けてるのですが、どうなんでしょう。
(多くの動画は魔裟斗さんぐらいのテンポです)

立ちコロは背中や腰を痛めないように気をつけます。

クランチはもう限界と思っても、もう1rep出来ることが多いのですが、レッグレイズは出来ないことが多い。不思議です。

脊・ブリッジ

関連するものは床でのバックエクステンションぐらいしかやっていませんでした。
クロージングブリッジが出来るようになりました。

CCではブリッジを一番重要なエクササイズとしていますが、そう思います。

ゲッコーブリッジを練習していると、背面がよく鍛えられる気がします。
片足や片手を浮かせた、3点でブリッジに入るバリエーションも試しています。
https://www.reddit.com/r/bodyweightfitness/comments/5u0les/bridge_progressions_for_lower_back_and_pushing/

肩・ハンドスタンドプッシュアップ

最初は逆立ちして、傍からは分からないぐらいにしか肘を曲げることができませんでした。

頭頂が床に付くところまで出来てきました。

僧帽筋から首筋の後が鍛えられすぎるのかもと思っています。
首を回すと、なんか首筋後の筋肉が厚い気がするのですが。。。おおげさかな。

いずれは補助なしでやってみたい。

step10は出来るのでしょうか。。。動画は見つかるのですが。。。
https://www.youtube.com/watch?v=uue1ZvMAeRw&t=9s
この動画の最初で人間業じゃない動きをしているんで、やっぱりこれも。。。

その他

自重は。

  • どこでもできる。今できる。
  • スキマ時間でもできる。
  • 使用する道具が僅か。
  • いつでもできる。休める。マイペース。
  • 出来ない動きが出来るようになる。徐々に少しずつ出来るようになっていってるのが分かるので、楽しい。
  • 工夫や知識が次第に養われる。

CC1,CC2 を通して肩を使うトレーニングが多い気がしていています。
自分が今のところ弱いのか、分割法が向いていないのか。。。

perl adv
perl adv